一般書

既刊

一般書イメージ

ちょっと昭和な関西の味

『あっちゃんあがつく』でおなじみの関西在住の絵本作家、さいとうしのぶさんが、子どもの頃の食卓によく出てきた料理や、現在のさいとう家で好まれている味などについて語るエッセイです。51の項目すべてに一枚ずつ、楽しい絵がついていて、読み進むうち思わず食べたくなるそんな一冊です。関西の方ばかりでなく、関東の方にも、ぜひ、おいしい関西の味を知っていただきたく、お勧めいたします。

●著者
さいとうしのぶ著
●本のサイズ
A5変判/120ページ
●価格
定価 1620円(本体 1500円)

一般書イメージ

保育看護のこころ 病児保育室の現場から

保育の現場、病児保育の現場で合わせて40年をこえて過ごした著者のたくさんの経験を踏まえた貴重な報告です。保育や病児保育の現場に関わる方がたや、これからその現場に挑戦しようとしている若い方がた、また小さい子どもを持つお母さん方にもぜひ読んでいただきたい一冊です。

●著者
長谷川ヒサイ著
●本のサイズ
B6判/96ページ
●価格
定価 1080円(本体 1000円)

一般書イメージ

せり・なずな・ごぎょう・子どもら… 「わんぱくくらぶ」の日々

まだ学童クラブも数少なかった時代、子どもの保育園卒園とともに、母親が仕事を辞めねばならなかった時代に、仲間の親たちと共に手さぐりで学童クラブ「わんぱくくらぶ」を立ち上げ、遂にはその指導者になった著者の29年間にわたって子どもたちと過ごした体験記です。「子ども」とは?「大人」とは?など、そこからいろいろなことが見えてきそうな、楽しくて貴重な、でも少ししんみりとする、子どもがいっぱいの一冊です。(表紙・装丁/上條滝子)

●著者
林谷政子著
●本のサイズ
B6判/224ページ
●価格
定価 1296円(本体 1200円)

一般書イメージ

絵本の森の迷い道

著者が様ざまな場面で出会ったたくさんの絵本の中から、心に残った30冊、さらに心残りの21冊を加え、自身の来し方の思い出も合わせて紹介しています。子どもだけでなく、大人も絵本と出会うきっかけとなりますように。(表紙・装丁・カット/岩村和朗)

●著者
我妻玲子著
●本のサイズ
A5判/160ページ
●価格
定価 1296円(本体 1200円)

一般書イメージ

済州島四・三事件を生きぬいて

2007年、世界遺産に登録された韓国の済州島は、朝鮮半島の南に浮かぶアジア有数のリゾートです。しかしこののどかなリゾートとはほど遠い痛みを背負った過去、四・三事件を体験した金璟炯氏からの聞き書きを編者横田英明氏がまとめたものです。一見平和に見えながら様々な矛盾に満ちた朝鮮半島の有様を理解する上で貴重な一冊。

●著者
横田英明編
●本のサイズ
A5判/128ページ
●価格
定価 1234円(本体 1143円)

一般書イメージ

慈悲魔 良かれと思い行なう援助が相手の人々を苦しめる!

現在まで30年の長きに渡りタイ、カンボジアを中心にアジアの地で福祉活動をしている著者の、生の活動を通しての記録です。一人でも多くの方にお読みいただき知っていただきたい内容がつまっています。

●著者
栗本英世著
●本のサイズ
A5判/76ページ
●価格
定価 1008円(本体 933円)

一般書イメージ

最後の蒙古浪人 春日行雄

10代で中国・内蒙古に入り、以来一生をモンゴル民族との友好親善にささげた春日氏の全人生の記録。

●著者
河内美穂著
●本のサイズ
菊変判/224ページ
●価格
定価 1543円(本体 1429円)

一般書イメージ

親子読書会 このすばらしい出会いの世界

「親子読書会」の現場で28年間を過ごした著者の、貴重で役立つ記録ノートです。(表紙・装丁/津田櫓冬)

●著者
伊藤 始著
●本のサイズ
B6判/248ページ
●価格
定価 1234円(本体 1143円)

一般書イメージ

伝記 久原房之助翁を語る

実業家であり、後に政治家になった久原房之助の96年にわたる波乱の一生の貴重な記録。

●著者
米本二郎著
●本のサイズ
A5判/1200ページ/付録つき
●価格
定価 10486円(本体 9709円)